朽木事務所

企業研修講師・わかりやすくて、ためになり、何よりも楽しい

企業研修講師・朽木事務所トップページ

new!!! 2022.4.24 コラムをアップしました。
吉野家事件から私たちは何を学ぶか

2022.2.18 HPの一部リニューアル情報です。
「カリキュラム紹介」のページを大幅リニューアル
+++++++++++++++++++++++++++++++++

研修講師の朽木鴻次郎(くちき・こうじろう)です。任天堂に14年間勤めたのち、2018年から研修講師をしています。

www.youtube.com

++++++++++

<研修テーマ>

・「コンプライアンス」(ハラスメントの防止、情報漏洩を防ぐ、など)
・「交渉の理論と実践」
・「任天堂で学んだ最強のコミュニケーション、プレゼンテーション、マネジメント」
・「CSR調達とサプライチェーンのCSR監査 〜 SDGsとESG の時代を背景に」

私たちの研修では、法令遵守、ハラスメント排除、情報漏洩の防止等々、個別の研修主題は異なっても、コンプライアンスを企業のマネジメントやリーダーシップ、ビジネスの観点からも説き起こすことをテーマとしています。

 


コンプライアンス違反になるとかならないとか、線引きとかの問題以前に、不適切な言動は行わない、あるいは、やめてもらうことを重視します。そこに働く人たちが、安心して、力一杯働くことができる職場を作ることこそが重要だと考えています。

ハラスメントやコンプライアンス違反を倫理道徳観や法令違反の観点から(だけ)ではなく、
・「最低最悪のリーダシップ」であるという観点から、さらに
・「生産性や効率性の低下」といった現場ミクロかつ手垢のついたクリシェ-clichéで思考を停止に至らず、
・「ビジネス阻害要因」「経営リスク」としてとらえ、競争上の優位を確保するために絶対に潰さなければならないことであり、経営層としては、ハラスメントやコンプライアンス違反の撲滅に真剣に取り組まなければならないこと

このような観点からも説き起こし、受講者の皆さんと一緒に考えていきます。

コンプライアンスの個別領域の理解や個別法令の個々の条文の詳細よりも、むしろ企業やそこに働く自分たちにとっての法令遵守の本質的意義の理解促進と社会人としての責務の自覚に重点を置きます。

また、法令違反がその企業のほんの一部の人間によって毀損されることで、一気に企業全体の価値は下がってしまうという側面もあることも強調し、その防止と素早い事故対応や危機管理についても言及します。

 

f:id:tavigayninh:20181028094835j:plain


1984年一橋大学法学部卒業後、アラビア石油(石油開発)、兼松(総合商社)、バイエル(ドイツ系化学・医薬品メーカー)日本法人を経て、2004年から任天堂(京都本社)にて、企業法務、国際国内契約交渉や訴訟、サプライチェーンのCSR監査等の法務に一貫して携わりました。

2018年任天堂を退職し、研修講師として活動を始めました。少しでも皆さんのお役に立ちたいと思っています。

・従来通りの集合研修はもちろん、
・リモート研修、ハイブリッド型研修にも対応いたします。

 
<実績>

・地方自治体、民間企業、公益団体、首都圏大学などでの登壇多数。
「楽しく、わかりやすい」と、受講者様やクライアント事務局ご担当者様から数多くのご好評をいただいています。

 

<研修講師・朽木鴻次郎 公式チャンネル> 

f:id:tavigayninh:20220108051525p:plain

研修講師・朽木鴻次郎 公式チャンネル - YouTube

 

<動画コラム「定年を考える、老後を愉しむ」>

f:id:tavigayninh:20220108051247p:plain

定年を考える、老後を愉しむ・朽木鴻次郎 - YouTube

 

<寄稿記事>

集英社オンライン

shueisha.online

 

中小企業支援の「engun.note 援軍ノート」

engun-note.com

 

 

ご依頼、お問い合わせなどはお気軽にどうぞ

kuchiki.office@gmail.com

 

なにとぞよろしくお願いいたします。

朽木鴻次郎

60代、これからが愉しみどきです!

           

吉野家事件から私たちは何を学ぶか〜マネジメントの自覚とコンプライアンスの実践

2022年4月16日、牛丼チェーン大手吉野家株式会社(親会社吉野家ホールディングス)の常務取締役伊東正明氏 は早稲田大学の社会人向けマーケティング講座において極めて反社会的かつ女性蔑視発言を行い、社会問題に発展しています。同氏は親会社の執行役員及び吉野家株式会社の役職を2日後に解任されました。今後相当期間、吉野家の社会的評判と企業価値はダメージを受け続けることになるでしょう。吉野家はその問題発言と奇しくも全く同時期に10年という期間と社命をかけた新商品「親子丼」の発売会見を見送らなくてはならないはめに陥りました。最終商品完成に至る調理の試行錯誤や味の完成はもとより、全国に及ぶ鶏肉生産拠点確保と管理、流通経路、価格設定、現場店舗でオペレーション構築には多くの社内外関係者がなみなみならぬ努力を続けてきたことでしょう。彼/彼女らの悔しさは私たちの想像を超えることと思います。

たった一人のコンプライアンス違反で、企業全体の価値が下がってしまうのです。それは行為者が執行役員/常務取締役という重役だったからではありません。ひとりの社員の不祥事や企業犯罪行為によっても、全体の信用が損なわれ企業価値は大きなダメージ受けることに変わりはないのです。

コンプライアンス違反を起こした当事者だけの問題ではない

吉野家事件では不適切発言を行った常務取締役伊東氏 だけが責を追うべきなのでしょうか。違います。常務取締役伊東氏 は普段から社内外で「過激な比喩や表現を使って注目を集める」という行動傾向を重ねてきたと言われています。それが吉野家グループとして認知されていたか会社レベルの文化になっていたかといえばそれは疑問ですが、少なくとも他の取締役や幹部たちは常務取締役伊東氏 のそんな行動傾向を嗜めたり、制止することはなかったとも考えられています。本件は今後、関係者の法的責任が問われることになるでしょう。

連帯責任というより懈怠責任

これは連帯責任ではなく監督懈怠責任の問題です。他の幹部たちも、日頃から常務取締役伊東氏 をはじめだれもが、不適切な行為をしていないか、しそうにないか、相互に監視監督し、注意して、もし日頃から不適切な過激な発言をする傾向なかったか、あったとすればそれを嗜めることができていたかどうか、そこが問われるのです。「たとえ内部の話でも、そんなことを言っちゃダメですよ!」それができていたかどうか。

社外から大きな実績を鳴り物入りでひっさげて入ってきた「マーケティングの大物」という伊東氏に対して、社内の役職者はなにか躊躇するところはなかったでしょうか。「だめだよ、それは...」と言ったとしても伊東氏から論破されてしまう、そんな懸念から意見を胸に封じてしまったのではないでしょうか。

「空気は読んでも忖度しない」コンプライアンスで肝心なポイントです。

たとえば、吉野家事件では、早稲田の教授も伊東氏の講義に陪席していたとのことです。問題発言があったとき「ちょっとちょっと、それは不適切でしょういくらなんでも」とその場で柔らかく嗜めていたら、伊東氏も「てへへ、そうですね...失礼しました」と言う展開になったかもしれません。とはいえ、そんな「割り込んでの嗜め発言」にはスキルが必要で、普段から、たとえば社内外の会議会合などでも「割り込み発言」を常にし慣れていないと到底できる技ではありません。さらに、普段から割り込み発言を繰り返していると確実にウザがられるのは明白です。また、割り込み制止をすることで、不適切な発言があったとしても社会問題になるまでに発展しなかったら、それはそれで恨まれるのです。「あいつはオレの面白い話のコシを折った。マーケティングが全くわかっていない!」と。

問題行為というものは実際に深刻な事態に陥らないとその深刻さは認識されない。問題行為の芽が小さいうちにそれを摘み取って問題を未然に防いだとしても、だれも評価しないどころか、かえって敵視されてしまう。つくづく、難しいものではあります*1。しかし、やらなければならないことでしょう。

 

ここまでは吉野家事件について、取締役や会社幹部の文脈で申し述べてきましたが、一般の上司部下、同僚間でも同じことがいえるでしょう。

コンプライアンス違反や内部不正のチェックは上司や管理職の責務

社員の不正や企業犯罪行為。それをチェックするのは上司や管理職の責務です。チェックを怠ることは責務の放棄です。もし、「このチェックの仕組み、管理規程には抜けがあるな、ザルだな」と感じたらそれを改善すること、それもまた上司や管理職の責務です。チェックの仕組みを守り改善する、それがコンプライアンスです。

コンプライアンスばっかりじゃ仕事ができないよ!

とてもよく聞く言葉ですね。それでは上司や管理職の「仕事」とはなんでしょうか。マネジメントです。部下をよく観察し、会社や経営陣の意図をよく把握して、自分のチームの総力を全体最適に向けて発揮することです。「仕事ができない」と嘆くその「仕事」とは「プレーヤーとしての仕事」のだけことを言っていて、マネジメントの仕事を忘れているのではありませんか。たとえプレイングマネジャーの役割が期待されていたとしても、マネジメントが上司や管理職の仕事の本質であることに変わりはありません。

マネジメントの自覚とコンプライアンスの実践

日本の社会でコンプライアンスが注視され始めてから何年経ったでしょう。法令違反をしないという狭い意味でのコンプライアンスは、CSR、SDGs/ESGと発展的に変貌してきました。法規範のみならず、倫理規範や社会規範を尊重し、社会の要請に応え、さらに、自発的に社会に貢献することが求められるようになったのです。

とはいえ、いまだになくならない不祥事の多くは社会的に許容されない不適切行為や不法行為・犯罪行為であって、重大なコンプライアンス違反です。上司や管理職として、部下がコンプライアンス違反をしないかどうかチェック監督すること、さらに、自らが社内手順や規程、法令に違反しないこと、これがマネジメントの要素の一つであると常に意識し続ける必要があります。

朽木事務所の研修ではコンプライアンスの個別領域の理解や個別法令の個々の条文の詳細よりも、むしろ企業やそこに働く自分たちにとっての法令遵守の本質的意義の理解促進と上司管理職としてのマネジメント責務の自覚に重点を置きます。また、法令違反がその企業のほんの一部の人間によって毀損されることで、一気に企業全体の価値は下がってしまうという側面もあることも強調し、その防止と素早い事故対応や危機管理についても言及します。

+++++

吉野家事件については、ジェンダー、マーケティング(自社主力商品をディスる)、社外異文化と企業文化の相剋、問題言動の背景にある驕りや慢心、隠された虚栄や虚偽などなど、多様な論点から考察され、それぞれ教訓を得ることができるとは思います。ここでは、一部役員や社員の重大なコンプライアンス違反とマネジメント、上司や管理職の責務に焦点をあてて考えてみました。

 

ぼく自身、牛めしは吉野家オシです。

『牛丼、なみ! ツユ抜きで! あと、ミソ汁と玉子』

これがぼくの定番の注文です。

がんばれ、吉野家!明日はホームランだ!

 

別ブログの関連コラムのリンクは次のとおりです。

吉野家事件について(2022年4月) その1

吉野家事件について(2022年4月)その2

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 
トップページはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

*1:曲突徙薪-きょくとつししん-漢書霍光伝