朽木事務所

企業研修講師・わかりやすくて、ためになり、何よりも楽しい

企業研修講師・朽木事務所トップページ

2020.4.3 コラムをアップしました。

マニュアルや正解・効率性や生産性

朽木事務所は、ビジネスパーソンに向けての「楽しくわかりやすい」研修を提供しています。講師は私、朽木鴻次郎(くちきこうじろう)。

 

f:id:tavigayninh:20181028094835j:plain

 

<最新研修動画>

www.youtube.com

 

 

<研修動画;youtube に研修動画をアップしています。是非ご覧ください> 

www.youtube.com

 

<研修動画>

www.youtube.com

 

<コラム>

中小企業支援の「engun.note 援軍ノート」さんにコラムを寄稿しています。

engun-note.com

 

<研修コンテンツ>

 

コンプライアンスとCSR」

クライアントのご要望や参加者の階層等に応じて内容はカスタマイズします。

SNS利用をめぐるコンプライアンス

情報漏洩の防止

・ハラスメント防止(セクハラ、パワハラ、マタハラ、いじめや「いじり」)

・パワハラをしないための感情コントロール

・ハラスメント相談に対応するにあたって(相談窓口として・上司や先輩、同僚として)

・就活生のためのアンチ・ハラスメント研修

など、コンプライアンスの特定分野のセミナーも対応可能です。

 

「契約業務の基礎」

 

■ 「任天堂で学んだこと」

任天堂で学んだ「独創」をお話しします。

 

「マネジメント研修 〜 任天堂で学んだマネジャーの資質と技術 」

 任天堂で学んだ「最強のコミュニケーション、プレゼンテーション、マネジメント とリーダーシップ」をお話しします。

+++++++

 

クライアントのご要望や参加者の階層等に応じて内容はカスタマイズします。研修は講義形式でも個人ワークやグループワークを取り入れた受講者参加形式でも対応致します。実際の研修では、具体的エピソードや最新の事例を交えて行います。

スライドを映写しつつ、受講者のお手元にはワークノート(テキスト)を配布して行います。

 

 

講師紹介

1984年一橋大学法学部卒業後、石油開発会社、総合商社、外資系医療化学品メーカーを経て、04年から京都の任天堂勤務、18年退職し現在に至る。東京都出身、千葉県市川市在住。1960年(昭和35年)生まれ。B型・天秤座。

 

 

お問い合わせなどはお気軽にどうぞ

kuchiki.office@gmail.com

 

なにとぞよろしくお願いいたします。

朽木鴻次郎

           

マニュアルや正解・効率性や生産性

正解を見つけることが仕事ではない。そもそも正解はない。正しいと「思われる」方向はあるかも知れないが、ある程度のはばを持っている。その中で、「A」を選ぶのか「B」を選ぶのか、それとも「C」で行こうと決めるのか。そして「B」を選んで実行して、不都合な結果がなかったとしよう。むしろいい結果が得られたとする。

しかし、だ。「B」が正解だったのか?

仮に「B」を選んだ場合、他の選択肢、「A」よりもより良い結果が生じたのか、本当は「C」の方が、もっと良かったのかどうか、検証するすべはない。

なぜなら、科学者たちは21世紀になった現在でもタイムマシンを発明するに至っていないからです。

 

f:id:tavigayninh:20190322052155j:plain

研修のセミナーや懇話会などで若手のビジネスパーソンと話をするときにこう聞いたりすることがある。

・違法ではないものの、倫理的道徳的、あるいは自分の職業観に照らすと問題があると思われる業務を命じられた場合、君はどうする?

例えばある種の密告であったり、タチの悪い営業方法だったり、他社との類似製品の開発製造だったり*1を求められたりするケースを例にあげる*2

すると、いろいろな答えが返ってきて実に面白いのだが、大抵「正解はなんですか?」と訊かれます。ごもっとも。

そんなとき、上に述べたように、間違っていない方向性の中から「A」を選ぶのか「B」を選ぶのか、それとも「C」で行こうと決めるのか。それは個人の人間性の問題で、その人が;

・「仕事とは何なのか」
・「自分は『働くこと』をどう考えて、どう立ち向かっていくのか」

それを考えることなんだと話す。

そう話したときの反応も面白い。納得してくれる人もいるし、はぐらかされたと鼻白む人もいる。キョトンとする人もいるし、「何だよフザケンナよ!」みたいな表情をする人もいる。 

f:id:tavigayninh:20190322050104j:plain

いわゆる「正解のない問題」、言い換えると「解の検証が不可能な問題 」に正面から立ち向かうと時間がかかるし、答えが出せないこともあるのですね。

実に生産性が低いし効率も悪い。

「正解」らしきものがパッと浮かんできて、それに飛びつくということは、実は考えることをやめてしまって、手を抜いている場合もある。正解らしきものがまとめられているマニュアル通りにやってみる。パパパっと物事が進む。それでいいし、それが求められている局面は否定しないけどさ。

てな偉そうなことをのたまわっちゃってるワタクシですが、実はね...

クチキくん、君はすぐに答えが分かってしまうだろう? だからダメなんだ。考えるということをしないと。

30年以上前、大学で恩師から頂いた珠玉の言葉です。ありがとうございます。

 

p.s. ブログを書いてると自分の考えの傾向が分かって面白い。「正解」についてはなんどもまとめているんですね。同じようなことを言っています。

tavigayninh.hatenadiary.jp

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

トップページはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

*1:「技術者倫理」という学究分野があるそうですM-教授に教えていただきました。ありがとうございます。

*2:どちらも違法ではないことが前提ですよ、もちろん。